こんにちわ。桜サーバーで活動するDKです。このブログではメイポの出来事やメイポで起こっているいろいろな現象について書いていこうと思います。よかったら見に来てください。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回は第3回目で、フェイトについての分析です。


フェイトは、クロノクロス中で何がやりたかった分からないキャラクターの一人じゃないでしょうか?炎の調停者となったセルジュから炎の接触権を奪還したかったことは誰でもわかったと思いますが、でも何故?ですよね。炎を使って何をしたかったかったのでしょうか?

wikiではフェイトのことについて以下のように説明しています。

"運命の書"を通してエルニドの人々を導く存在。その正体はA.D.2,300に設計された「マザー・ブレイン」を元に造られたマザーコンピュータで、アナザーのエルニド諸島のすべての事象を管理していた。A.D.2,400のエルニド海域において発見された凍てついた炎を管理していたが、いつしか炎の中に人間への羨望と歪んだ愛憎を抱き、己の目的のために炎を利用せんと考えるようになった。

劇中より14年前、磁気嵐によりクロノポリスのシステムがダウン。この隙に漂流したワヅキが炎に導かれ、ワヅキが連れていた瀕死のセルジュが炎に接触。セルジュが抱いていた死のイメージ(ヒョウ鬼)がワヅキを変化させた。この際フェイトの意思が入り込んだと思われるが、その詳細はゲーム中では明言されていない。ただし、クロノポリスの研究員から、記憶の操作やすり替えが可能という話が聞けることから、そのような手段を用いたという線が濃厚である。

基本的にヤマネコのベースはワヅキであり、フェイトそのものとは異なる。後にセルジュへと憑依することで、フェイトの精神は更に複雑な感情を生み出し、その思想と行動は混迷を極めることとなる。彼は一貫として「生きる意味、理由」といったものをセルジュに対面するたびに問い続けるが、人としてその生を終える最期の時まで、その答えを見出すことは叶わなかった。 (WIKIより一部省略)

一応、ポイントとなるとこは赤字にしときました。それについては順を追って説明していきます。

フェイトはA.D2300年ガッシュにより作られました。これもトリガーの影響なんですよね。歴史改変前はガッシュが飛ばされた未来は地球滅亡の未来でしたから、そのときはラヴォスのデータの採取を行っていましたね。

フェイトはガッシュにプログラミングされたとおり、2400年に発掘された炎を管理します。タイムクラッシュ後は「運命の書」を使って、エルニドの人々を、自らの存在が危うくなるようなパラドックスが起きないように注意しながら導きます。

さて、フェイトの発狂についてですが、もうこの時点からフェイトの発狂がおき始めています。

フェイトはこの時期「凍てついた炎」の管理を行っています。この炎がフェイトの発狂にかかわっているのです。

フェイトの発狂と炎の関係を語る前に、まず「凍てついた炎」について少し触れておきましょう。<クロノクロス分析>④へも触れる内容になると思います。

「凍てついた炎」はゲーム中でこんなふうに言われています。

人の祈りを
聞きとどけるもの……
とみを、名声を、権力を
さずけるもの……

永遠の生命をもたらし、
幸福と安らぎを
約束するもの……


また、具体的にどのように「凍てついた炎」が人々に関与するかは、星の塔でのそれぞれのキャラが「凍てついた炎」に接触するシーンから読み取ることが出来ます。

凍てついた炎接触時の台詞

これらから分かるとおり、炎は接触したものの「闇」を映し出します。フェイトはずっと炎を監視したわけですから、この「闇」をずっと見続けていたんでしょうね。

オパーザの浜において、クロノも

「それも悲しいね・・・・おまえが炎を見つめるとき、炎もおまえを見つめるのか・・・」

といっている。ちなみにこのときの「おまえ」というのはフェイトのことをさすので注意。

これらのことより、フェイトの発狂がフェイトの長期間にわたる「凍てついた炎」の監視が原因であることが分かるでしょう。

さらに、フェイトは発狂していく。その後押しのような出来事が、セルジュの炎との接触です。

あの出来事により、フェイトはワツギの精神をのっとり、ヤマネコとなります。

フェイトはもともとコンピューターなので、感情、生命などといった生き物特有のものを持っていません。ただ、プログラムどおりに動くだけです。

しかし、ワツギの精神をのっとることにより、感情、生命といったものが入ってきた(不完全に)ので、フェイトはワツギの体でいるうちにそれらを羨ましがり、そして徐々にその羨望が人間への憎みへ変わっていきます。

そして、最終的にその思想と行動が混迷を極めることとなるのです。

そのときに抱いていたのがwikiの説明にある「人間への羨望と愛憎」です。おそらくフェイトは、

人間のような感情がほしいなぁ・・・人間っていいなぁ、くそぉ、何で俺には感情がないんだ・・・人間が羨ましい・・・そして憎い・・・!


こんな感じだったんでしょうかね?

また、ゲーム中では人間への羨望と愛憎」という感情がこの台詞によくあわられていると思います。

「わたしはこんなにも、おまえを愛している……だから、時々、おまえをメチャクチャにしてやりたくなるのだよ……!!」

ゲーム中ではなんのこっちゃって言う台詞ですよね。

さて、フェイト発狂の原因が分かったならば、おそらくフェイトが炎を使って何をしようとしたか見えてくるのではないかと思います。

発狂後、フェイトは「己の目的に炎を利用せんと考えた」とwikiには書いてありますが、この目的とは自分自身が新たな生命体になることと考えるほかないと思います。

炎利用し、命を与えてもらえば、人間と同じように、感情や命を持つことが出来ると考えたのでしょう。

実はこの目的については本人は何も言ってませんが、他の人がフェイトの目的をほのめかす台詞を言っています。

最終決戦前、オパーサの浜辺のクロノの台詞において、

「もしかしたら、フェイト自身、炎を通して、いつか新たな種として生まれ変わる夢を見ていたのかもしれない・・・。」

この台詞からフェイトの目的を推測することが可能だと思います。



これは僕の憶測に過ぎません。しかし、答えが与えられていない以上、自分たちで憶測しなければなりません。そしてそれがクロスの醍醐味だと僕は思うのです。

クロスをわからなすぎてほったらかしにしている人も、少し考えてみることをお勧めします。


c_02.gif


人気サイトが一目でわかる、オンラインゲーム急上昇ランキング

スポンサーサイト
今回は「生物と音と夢」についてです。


クロノクロスの中で、一つのメインテーマである生物。これと切っても切り離せないのがである。今回はこれらの関係についてみていきたいと思う。

まず、音についてみていきたい。

光田康典さんのすばらしい音楽で有名なこのクロノクロスだが、ストーリーの中でも音というものは重要な働きをする。

音のストーリー内の重要な働きといえば、皆ラスボス戦を思い出すと思う。エレメントが奏でる音のメロディーとハーモニーによって時食いからサラが開放されるという非常に独特なラスボスの倒し方だ。

しかし、あの時奏でたメロディーはいったい何なのだろうか?そしてどうして音により時食いは癒されたのか?

クロノクロスの中で音についてはっきりと述べている台詞の中にこんなものがある。

「DNAの記憶は、詩であり、音楽でもある。アデニン、グアニン、シトシン、チミン……、リズムとメロディ。もしかしたら炎は、炎に触れるもののDNAを、自ら内包する音によって、組み替えてしまうのでは……?生命は、永遠の音楽のなかで夢を見ているのではないだろうか?」

DNAの記憶が音楽である。この設定がクロスの音に関する設定の根底だと思う。

この台詞では、生命のDNAの記憶が音楽だと書いてあるが、生命だけではない。星も音によって星のDNAの記憶を見ているのだと思う。

スラッシュのコンサートの中で、スラッシュが

「星たちが私たちの歌に合わせて瞬いている・・・・・・・(中略)
星たちは僕たちにいつでも歌いかけていたというのに・・・・ここしばらく君と毎日歌い続けていたけれど・・・・星が瞬いている音も海が泣いている音も沈黙でさえも・・・・・全てのものが歌い・・・全てのものが響きあっていることに初めて気づいたよ・・・・。」


といっている。星自身も自分の中で内包する音を持っており、その音を星に住む全ての生命に与えているのではないだろうか?そして、その音により、星の記憶をDNAとして星の生命に受け継がせ、星は成長してきたのではないだろうか?

このような考えを持って、星の塔で聞いたラスボス開放の音楽の正体を考えてみると、あの音楽は星のDNAの記憶だったのではないかと考えられる。

星のDNAの記憶のメロディーを聞くことにより、生命たちはその記憶によって癒され、時食いから開放されたのだと思う。

全ての生命は同じ星の音の夢を見ている。だから、音楽は星の生命を唯一つなげる鍵のような存在なのかもしれない・・・・

次に夢について・・・

上記の「音」の内容でも夢という言葉が出てくるはそれについては後に触れたいと思う。

さて、「夢」についてだが、クロノクロス内で「夢」に関連する事項をいくつか列挙してみた。

①冒頭の正夢。
②物語自体がセルジュの夢であるかのような演出。
③ラジカルドリーマーズ
④あこがれや希望
⑤マブーレに巣くう怪物どもの悪夢

まず、①、②、③に関して。
①は②の強調と考えられる。②については、セルジュにとってはゲームの中の出来事が夢で終ってしまうことやEDでサラが「つかの間の夢が過ぎ去り・・・」というようなことから、生物が体験した出来事の記憶が「夢」として表現されている。このことを考慮に入れるとツクヨミのカオスフィールドでのこの台詞が少し理解できると思う。

「あなたが主張するセルジュとしての記憶……。それだって龍の涙を使えば、後から書き換えられるわけだよねえ?現にあなたは、向こうの世界では10年前に死んでたでしょ。どうして、いま生きている自分がセルジュだと断言できるの?これまでずっと疑いすらしなかったのだろうけど……
セルジュだったのかなあ、あなた、本当に?それに、それじゃそもそもセルジュって何だったの?
姿かたち?心?たましい?どこにセルジュはいたの?」


これはセルジュであったときの記憶が「夢」であったかもしれないという解釈を入れてみると筋が通るようになるんじゃないだろうか?さらに、セルジュという存在があいまいなカオスな存在であるというところにも夢の性質が生きてくるように思います。夢もあいまいなカオスなものですから。

さて、それでは音のところで触れたこの台詞に関して少し考察していきましょう。

「生命は、永遠の音楽のなかで夢を見ているのではないだろうか?」

「音」というのは生物のDNAの記憶。その中で生物は「夢」を見る。う~んわからん;;とりあえず、この台詞はDNAという共通の音を持った生物が「夢」のような出来事を体験していく。と考えるほかにような・・・。うむ、申し訳ない。

でも、③のラジカルドリーマーズは「夢」を見ていく生物のことをさすことが、この台詞から推測できますね。

それじゃ④についてだけど、これはあんま説明するようなことでもない気がする。普段使う「夢」の意味でとらえてもらって結構だと思います。

最後に⑤について、まぁ、これも深く考えなくていいと思う。ゲームの設定上こうなっているのかなぁぐらいで十分だと思います。

「夢」については①、②、③についてを押さえればおkでしょう。
クロノシリーズのクロノという意味は皆さん知っての通り、時という意味です。では、このクロノシリーズでは時とはどのようなものという扱いをされているのでしょうか?

一般的にクロノの世界の中でのときの考え方は、トリガー、クロスによって次のように異なるのではないでしょうか?

クロノトリガーの一般的時間論――塗り替え時間論

クロノクロスの一般的時間論――時間軸分岐時間論

塗り替え時間論とは、過去、未来が変えられれば、それによって歴史が変わるというものですね。まさに、色が塗り替えられるように。時間軸分岐時間論は歴史の事象は一つの始まりから無数に広がる時間軸があり、未来、過去が変えられれば、それによって時間軸が移動され、歴史が変わるという時間の考え方です。

トリガーは歴史改変の物語なため前者のほうが語りやすい、クロスは二つの時間軸をめぐる物語なため、後者にならざるを得ない。

おそらく、この違いはトリガーファンがクロスを失望した一つの要因だと思う。しかし、本当にトリガーは塗り替え論なのだろうか?

一応、トリガーの時間論が塗り替え論らしきことは、あるイベントによって明記されている。それが、物語の最初の中世のマール消失イベントである。

あのイベントではマールがリーネ調査隊によって発見されたことにより、リーネの調査が中断され、リーネが殺される可能性が優先されたため、マールは消えましたこのイベント中で、ルッカが時間の考え方を述べてますね。その時間の考え方が塗り替え時間論です。

しかし、塗り替え論では到底説明がつかないイベントもあります。それがルッカの「みどりのゆめ」のイベントです。

このイベントはルッカがララの足が無くなったときに、タイムゲートを開き、ララの足が無くなるのを防ぐイベントです。このとき、もしも塗り替え理論ならば、ララを助けた時に、ルッカのララが足がなくなったという記憶がなくなり、さらには機械に詳しくなくなってしまう可能性もあります。これを回避するのが時間軸分岐時間論です。他の時間軸上のルッカがララを助けたとするならばここの矛盾は回避されます。

しかし、それでは、ララの悲劇の記憶が無いルッカは何処に行ったんだ?と思う人もいるでしょう。また、もしも時間軸分岐論だったなら、その時間軸上の主人公たちがいるはずだが、それは何処へ行ってしまうのだろうという人もいると思います。また、時間改変者に改変の影響はないと定義付ける人もいると思います。

それはそれでいいと思うのでそう思ってもらっても構わないと思います。

その理由は最後に触れましょう。

最後に、トリガーで歴史改変後の矛盾に触れておきましょう。

トリガー歴史改変後、A.D600年では何が行われているのでしょう?おそらく、クロノたちがカエルとともに魔王軍と戦っているだろう。ラヴォスをとめるために。しかし、そこでは既に歴史が改変された世界。改変されている世界を何故改変したいと思うのだろうか?まぁ、よく時の矛盾の例には挙げられると思う内容ですが、トリガーにはこういう面もあるのです。

このように時間を扱う場合矛盾が生じる。トリガーもクロスでも同じだと思います。今回は矛盾がなさそうなトリガーの矛盾ばかりあげましたが、クロスにも矛盾があると思います。

しかし、実はこれは矛盾して当然なんです。なぜなら、時間という抽象概念をある一つの考え方で考えようとしているからです。

どういうことか説明していきましょう。

クロスにおいて、時に関する記述は実はあまり無い。しかし、その数少ない記述のなかでこのようなものがあります。あるNPCの台詞です。

「絶対ではなく、伸び縮みする時間。さらには、相対的、主観的時間。時間の変化における個体差。
人は、生命は、それぞれが別々の時間を生きているのかもしれない。意志を持って、主体的に流れる時間……?ふっ、ばかな……」


クロスにおいて数少ないときの考え方に関する台詞です。最初は軽く意味深だがよくわからんなぁと思いスルーしてしまいましたが、時間論を考える際に鍵となる台詞となりました。

絶対ではない時間。変化する時間。それとはいったいどのようなものか?時間という言葉を時間論という言葉に置き換えてみよう。

絶対ではない時間論。変化する時間論・・・・

どうだろうか?クロノシリーズの時の考えそのままではないだろうか?ある一つな時間論では矛盾をきたし、そのつど変わる時間の考え方。そして、そのつど時間の考え方を固定してるのがほかならぬ生物による認識なのです。 そしてその認識によるずれが「時間における個体差」というわけです。

つまり、時間というものは客観か出来なく、主観的にしかとらえられないものである。これがクロノの時間の本質だと思います。

また、トリガー→クロスへ移行する際に時の考え方が変わるのには、一定の流れがあるのではないかと思っています。

①最初は皆、塗り替え論を信じている

②しかし、ルッカが歴史をかえるに当たって、その理論ではパラドックスが生じることに気付く(ex:緑の夢)

③よって、ルッカは塗り替え理論ではない別の理論を思考する。

④時間軸分岐時間論を発見する。

クロスでパラレルワールドの存在にはじめに気付いたのがルッカですのでこう考えると分かりやすいと思います。 後、なぜ、ルッカがララを助けても喜ばしくなかった理由がこれで分かると思います。

まぁ、これも、一個人の主観的な考えに過ぎないんだけどね。これを読んでクロノシリーズの考えが深まってくれればなぁと思って書きました。クロスまで難しくてやれなかったと人、悲惨すぎてやれなかった人、もっかい心を入れ替えてクロスをやってみてはいかがでしょう?



まぁ、これも、一個人の唯の考えに過ぎないんだけどね。これを読んでクロノシリーズの考えが深まってくれればなぁと思って書きました。クロスまで難しくてやれなかったと人、悲惨すぎてやれなかった人、もっかい心を入れ替えてクロスをやってみてはいかがでしょう?
どうも、お久しぶり。儀典です。

いや~、ホント一ヶ月も更新してなかったのかぁ。いや~こりゃもうすまないといわざるを得ない。

そういうことで、メイプル世界観の完結はもうほぼなくなった。さすがに、12月までにマガティア全てのクエストやる暇などない。ということで、このクロノクロス理論のみは完結させておきたいので、この記事を書くこととします。

今回の内容はラヴォスについてです。


クロノクロス中でラヴォスの記述として以下の様な物があります。

[星に寄生する、異種生命体]
地層年代調査結果―BC6500万年
コード・『ラヴォス』


゛ラヴォス゛
6千5百万年前にこの星に飛来したと思われる、地球外生命体。歴史改変前の時間軸では、「破滅の日」まで、地中深くで眠りつづけていたと推定される。1万2千年前に、伝説の超古代魔法文明ジールと接触し、一夜にしてこれを地上より消し去ったという説もある。しかし、古代文明ジールの存在自体がいまだ確認されておらず、ことの真偽は不明である。ある時間線においてラヴォスは、1999年に地上に姿を現し、世界を破滅に導いたとされる。しかしこの歴史は、滅び行く星の未来を見た少年たちの手により、大きく書き換えられることになった。当研究所は、ラヴォスが少年たちによって倒され、人類の文明がそれ以降も順調に発達した、破滅の日の存在しない、時間線上に存在している。なお並行世界の可能性をトレースして得られたラヴォスに関するデータは、すべて流動的なものである。真のラヴォスのデータを得ることは、現時点ではほぼ不可能である。


この記述より、ラヴォスとは星の寄生異種生物であることが分かりますね。そして、このラヴォスはよく炎とも呼ばれますね。では、このラヴォスは人間にどのように働きかけたのでしょうか?作中では

そして、あの炎は真の担い手を待ってる……。
あの炎に触れた者はみんな、もうそれ以前とは別の生き物になってしまうんだよ。

その名は゛ラヴォス゛
大きな、紅き、炎……

絶対的な力を持ったそれは
大地の王、恐竜たちを
一夜にして葬り去った

しかし、一方で
森に隠れ住んでいた
臆病な゛サル゛たちは……

空より降りし、真紅の炎に触れて
゛ヒト゛へと進化した

いや、それは進化ではなく
変化であった

かくしてヒトは
増え、ひろがりて
大地をおおいつくしていった

母なる星をも喰いつくす
恐るべき゛ラヴォス゛の子たちは……


サルを人間に変化させた。」これがラヴォスが人間にしたことです。そしてその人間達がその力を利用して生み出したのが「魔法」というわけです。クロノクロス分析②で音がDNAであるということをいいましたが、ラヴォスがこの音を組み替えてしまうということも話しましたね。

さて、ラヴォスの表向きの招待はこんなところでしょう。しかし、これでけではどうも面白くありませんよね?それじゃぁ、一つ問いを提示しましょう。

「なぜ、ラヴォスは炎と呼ばれるのか?なぜ、他のもの(例えば水、風、岩)では駄目なのか。」

こう思った人他にいらっしゃるかな?だって、別にゲーム中のものなんだから何だっていいと思いません?もっと変なヘドロみたいな奴でも良かったかもしれませんよ?もしくは規制するんだから、虫みたいな奴でも・・・

それなのに、あえて炎であるということは理由があると思うんです。それでは考察していきましょう。

ドワッフたちが人間たちのことをこういう風に言う場面があります。

人間共はそれほどまでに偉大なる存在だとでもいうのか。森を焼き、星を傷つける、進化の、異端種共が……


「森を焼き」ということは、人間は炎を使いますね。結構多くクロス中では炎によって他生物を傷つけるという記述があります。

現実世界でも、このことはいえますね。炎を使ってなんかすることは良くあることです。

それで、この炎は実は現実世界でも人間を人間にさせたものの象徴なのです。

『技術の正体』という文章があります。この文章内では、

「技術が人間をたらしめた(つまり、技術がサルを人間にさせた)」

という記述があり、そしてその技術の例の最初に人間が火を使うようになったことが上げられています。

考えても見てください。僕達人間は火を使うことによってあらゆることが他の生物に比べて出来るようになりました。そして、火が使えるようになったことにより、あらゆる技術がそこから生まれてきました。

今ある技術も火が元となっているものが沢山ありますね。

現実世界とのリンクを語る上で、ラヴォスが炎でなければいけない理由が分かったでしょうか?現実世界もサルを人間にさせたのは炎なのです。それを表現したかったのだと僕は思います。そして、クロノ内にでてくる「魔法」。これが、現実で言う「技術」に当たるものだと思います。

まぁ、もろふか読みですけどね。こんな風に考えるとスッキリすると思います。


いやー結構長くなったな。まぁ、今回は引用文ばっかりだがw

んでだ、今回この記事を見ている中に、俺の理論を動画に書き込んだ奴がいるなwしかもまだ記事にしてない内容をww

どの動画かって?この動画だよ。



俺の名前が書かれていて、「!?」となってコメント見直したぜ。というか勝手に俺の名前出さないでくれw

まぁ、生きていて何よりだ。

んじゃぁ、今日はこの辺でノシ


c_02.gif


人気サイトが一目でわかる、オンラインゲーム急上昇ランキング

1日1クリックヨロ

え~、このタイトルを見て画面越しで、「早くメイプル世界観更新しろー」といっている奴が1名ほどいるといますが、気にしないで書こうと思います。

今日書くのは、①と③の補講です。



まず、①から・・・・

①ではクロノ内の時間の考え方を分析しましたね。トリガーは塗り替え時間論、クロスでは時間軸分岐時間論がゲーム上の基本的な時間のルールですが、クロノ内の時間の本質はそのどちらでもないと結論を出しましたね。

それに付け加えなんですが、時間の考え方が塗り替え→時間軸に変わるのに一定の流れがあるのではないかと最近気付いたんです。

ぐだぐだした説明は時間がないので簡潔に話します。

①最初は皆、塗り替え論を信じている

②しかし、ルッカが歴史をかえるに当たって、その理論ではパラドックスが生じることに気付く(ex:緑の夢)

③よって、ルッカは塗り替え理論ではない別の理論を思考する。

④時間軸分岐時間論を発見する。

(⑤しかし、A.D2400年において実験の際、研究者が時間はそれぞれの生命の中を主体的に流れるのではないか?と示唆する→時間は客観化出来ないものだ。)

とこのような流れがあるのではないだろうか?こうすると結構スッキリするでしょ?

まぁ、憶測に過ぎないところもあるけどね。

んじゃ次③について・・・

③の最後のほうに結論が変わりそうになったと書きましたね。そのことについてお話していこうと思います。

なぜ、③の結論が変わりそうになったかというと、もしフェイトが発狂し始めたのが炎の監視時だったらと考えたからです。

この場合、フェイトの目的は自らが新たな生命体なることでいいのだろうか?もしかしたら他の目的があったのかもしれないと考えるようになりました。

そして、このときにはいまだ答えを出せていません。誰か助けてくれませぬか・・・・

ということで、分け分かんない文章になっていますが、補講はこんなとこで。クロノクロス理論あと二つくらいかな?

まぁ、気が向いたら書いていきますわ。ん?それよりメイポ世界観だって?めんどく(ry


c_02.gif


人気サイトが一目でわかる、オンラインゲーム急上昇ランキング

1日1クリックヨロ

続きを読むで、コメント返信。
[<クロノクロス分析>【番外】①、③の補講]の続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。