こんにちわ。桜サーバーで活動するDKです。このブログではメイポの出来事やメイポで起こっているいろいろな現象について書いていこうと思います。よかったら見に来てください。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
え~、このタイトルを見て画面越しで、「早くメイプル世界観更新しろー」といっている奴が1名ほどいるといますが、気にしないで書こうと思います。

今日書くのは、①と③の補講です。



まず、①から・・・・

①ではクロノ内の時間の考え方を分析しましたね。トリガーは塗り替え時間論、クロスでは時間軸分岐時間論がゲーム上の基本的な時間のルールですが、クロノ内の時間の本質はそのどちらでもないと結論を出しましたね。

それに付け加えなんですが、時間の考え方が塗り替え→時間軸に変わるのに一定の流れがあるのではないかと最近気付いたんです。

ぐだぐだした説明は時間がないので簡潔に話します。

①最初は皆、塗り替え論を信じている

②しかし、ルッカが歴史をかえるに当たって、その理論ではパラドックスが生じることに気付く(ex:緑の夢)

③よって、ルッカは塗り替え理論ではない別の理論を思考する。

④時間軸分岐時間論を発見する。

(⑤しかし、A.D2400年において実験の際、研究者が時間はそれぞれの生命の中を主体的に流れるのではないか?と示唆する→時間は客観化出来ないものだ。)

とこのような流れがあるのではないだろうか?こうすると結構スッキリするでしょ?

まぁ、憶測に過ぎないところもあるけどね。

んじゃ次③について・・・

③の最後のほうに結論が変わりそうになったと書きましたね。そのことについてお話していこうと思います。

なぜ、③の結論が変わりそうになったかというと、もしフェイトが発狂し始めたのが炎の監視時だったらと考えたからです。

この場合、フェイトの目的は自らが新たな生命体なることでいいのだろうか?もしかしたら他の目的があったのかもしれないと考えるようになりました。

そして、このときにはいまだ答えを出せていません。誰か助けてくれませぬか・・・・

ということで、分け分かんない文章になっていますが、補講はこんなとこで。クロノクロス理論あと二つくらいかな?

まぁ、気が向いたら書いていきますわ。ん?それよりメイポ世界観だって?めんどく(ry


c_02.gif


人気サイトが一目でわかる、オンラインゲーム急上昇ランキング

1日1クリックヨロ

続きを読むで、コメント返信。
>のんぶ
うむ、hを抜けば張り付けるな。まぁ、そういうことでよろしくな。んで、メイポはどうした一応俺も何もすることはないが、30分ぐらいは入ってるぞ。毎日ではないが、後ちょいとあることについて話したいからインしてもらいたいんだがなぁ・・・
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://gitenmattarblog.blog88.fc2.com/tb.php/189-f2b6b0e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック